50代男性:腱鞘炎・頚椎症

来院動機

上肢の痺れが辛く病院に受診した際に、頸椎神経根症と診断され、症状改善のため、整骨院を探していたところ、当院をHPでみつけ、ご来院された。

 

カウンセリング内容

痛みの出たきっかけ

リモートワークでの首肩の酷使と姿勢不良が考えらえる。

どのようなときに痛みが出るか

安静時、歩いている時、座っている時とほぼ常に痛み・痺れが出ている状況である。

身体所見と治療、経過

初回施術

背骨、特に頸椎がやはり歪んでおり、そちらから症状が出ていることを、再度姿勢写真や触診を用いて説明し、頸椎神経根症に合わせたメニューである症状別矯正を提案させて頂き、治療した。

二回目施術(二日後)

前回来院されたときより、仕事がしやすくなったとのこと。痺れのレベルも2割程度に落ち着いた。さらに改善させるため、前回同様の治療に、テーピング処置も行った。

 

三回目施術(初回から七日後)

2割ほどに改善した痺れが変化がなくなったため、痺れを完全に無くすために、鍼灸治療を提案させていただいた。初めてとのことだったので、しっかり説明をし、治療を行った。

 

10回目施術

鍼灸治療との相性が最も良かったらしく、ほぼ症状を感じなくなるまで痺れが収まった。

首が右に傾きがちだったので、そうならないように体操指導も行った。

 

 

患者様のコメント

万年肩凝りの状況でリモートワークにより、頚椎神経根症と診断され、上腕と右手の痺れと違和感が酷く、鉛筆やペンすら持てず仕事にならない状況でしたが、KOKUA浦和院さんに首のローラー矯正を実施いただき、痺れと違和感が大きく改善されました。最も酷い時の痺れが100とすると一気に10から20のレベルに治まり大変助かりました。

その後、一部痺れが残っていたのでKOKUAさんから筋肉の深いところが凝り固まっている可能性があり、「鍼」を薦められました。当方生まれてから50年以上「鍼」をせずに生きて来ましたが、首の矯正で結果が出ていたので、ご提案を信じて鍼治療にトライしたところ、当方には非常に合っていたようで、次の日の朝には10から20のレベルの痺れが一気に5位まで減少し、大変驚きました。

それ以降「鍼治療」は欠かさず行うようにしています。鍼治療を開始する際にも非常に丁寧に事前説明をいただき安心してトライできました。教えて頂いたWB体操やベーラー体操も欠かさず自宅で毎日実施しているのも良いようです。本当に素晴らしいご提案と施術を頂き有難うございました。これからもよろしくお願いします。。

担当者のコメント

最初、仕事にならない程お辛かった症状が落ち着いて大変うれしく思います。

趣味の水泳が心から楽しめるように、完治できるまで精一杯尽力させていただきますので、これからもよろしくお願いいたします!

四十肩・五十肩について詳しくはこちら

四十肩・五十肩